コスモセラピスト ハルカズ

大阪で生まれ育つ。現在は世田谷区在住。
幼少期より、偉大な霊能者である母が、全身全霊をかけてひとびとを救うのを見ながら育つ。
生死の境をさまよう体験を経て、「人を救う道」を志す。
成人し、経営コンサルタントなど各種職業を経験したが、「人を救う道」への思いが強くなるとともに、兼業では時間が足りなくなり、本格的に個人セッションに専念することになった。
現在は世田谷区で事務所を構えて、日々セッションを実施している。

<ハルカズに与えられた特別な力とは>

魂の系譜に連なる力!
ハルカズや母には特別な力が与えられています。
その力は、ハルカズの魂の身体が元々持っていたものです。
その力を発揮するために、天からこの世に送りこまれました。
これは、血脈ではなく霊脈です。

母の母、つまり祖母も凄い力を発揮していたのをハルカズも子どもながら覚えています。
祖母は時空を超える力を持っていたようで、ちょっと出かけてくるねと言って、過去に遡り聖徳太子などともリアルに会話してきたことを聞かされました。
祖母の父も富山で漢方医を営みながら、実は薬ではなく特別な力でお客さんの病気を治していたということです。

この霊脈に連なる者たちはこの世で、不思議な力を人の為に使うために試練を与えられます。
この世にはあの世の記憶を一切断って生れてきています。

ハルカズたちがこの力を発揮するのはハルカズに与えられた使命ですが、与えられた力を邪な目的で用いることの無いように試練が与えられます。

ハルカズの試練は生れた時から始まります。
ハルカズは死産でした。
臍の緒が首に3周半も巻きついていました。
生れても産声をあげることなく、もちろん呼吸もしませんでした。
そんな時、ハルカズの祖母が、この子は、この世に使命を持って生れてきている。
大丈夫だと母に言い聞かせ、ハルカズをその特別な力で助けたのです。

その後、ハルカズも大きくなり再び青年時代に交通事故で生死の境を彷徨いました。
ダメージが大きすぎて手術もできず、脳内出血して血でパンパンになった頭を母がハルカズの頭をなでてくれました。
母の慈愛に満ちた行為でした。一瞬のその行為で脳の中にたまった血は完全に消え、ハルカズは完全に癒されたのです。
偉大な力を身をもって体験させられたわけです。

それ以後、ハルカズは自分にも備わっている不思議で特別な力を人の為に使うようになりました。
この生死の境をさまよう経験こそがハルカズたちにとっての修業となったわけです。
実際、母も5年もの間、末期ガンで苦しむという経験をしています。
母は、末期ガンを克服し今も現役のセラピストとしてたくさんの方々の人生を導いています。

本来、ハルカズが特別な力を使う時、それはハルカズの命と引き換えの難行なのですが、己のことを顧みることなく、人の為に尽くせるかどうかを生死の境をさまようことで学ばされています。
クライアントの方々も、このハルカズの命がけのセッションに感動し、人生を劇的に良化、改善されています。
ハルカズが命がけであるがゆえにクライアントにも人生を良くするための決意が試されるのは明らかです。
どうか、そのことを御理解され、ハルカズのセッションをお受け下さい。
必ずや、あなたの心の声に従った人生が送れるようになるはずです。